畳の話

畳の話

よく賃貸マンションをご案内中に、この部屋の6帖って小さいように思うけど何間?って聞かれることがあります。
一概に、畳と言っても色々なサイズ・・・例えば京間サイズ、江戸間サイズなど地域や時代によって様々な違いがあります。

 主な畳のサイズを調べてみました。あなたの家の畳のサイズはどれでしょう?

京間(サイズは縦×横)京都を中心に関西地方
サイズ:6尺3寸×3尺1寸5分(約191㎝×95.5㎝)


中京間(サイズは縦×横)名古屋を中心に中部地方
サイズ:6尺×3尺(約182㎝×91㎝)

江戸間(サイズは縦×横)東京を中心に関東地方
サイズ:5尺8寸×2尺9寸(176㎝×88㎝)


団地サイズ(サイズは縦×横)団地等
サイズ:5尺6寸×2尺8寸(170㎝×85㎝)

畳

いかがですか?一番大きい京間と一番小さい団地サイズでは、縦で21㎝、横で10.5㎝も違ってくるんですね!

さて畳に関しては、基本的には何枚敷いてあるかによって6帖とか、大きさは違えどもわかるわけですが、洋室に関してはどうなんでしょう?
賃貸マンションを借りようと思い、8帖以上の洋室が良いかな?って思っても、実際には何を基準に8帖と考えれば良いか、こんなにバラバラで畳の大きさが違っていては困りますよね!

そこで、不動産の広告は「公正競争規約」って規約に基づき表記しなさいと定められています。
その規約の中には居室等の広さを帖数で表示する場合には、畳1帖当りの大きさは「1.62㎡」で表示しなさいね…と定められています。つまり部屋の縦×横の寸法で部屋の面積を出し、その部屋の面積を1.62㎡で割ると帖数が出てきます。

ここで一つ疑問に思うのが、なんで1.62㎡?1.8㎡じゃ駄目なの?って思いますが、これは恐らく平均的な中京間のサイズを参考に、180㎝×90㎝のサイズを目安として出された数値ではないかと思います。
したがって洋室6帖と表示されていたら9.72㎡の専有面積の広さの部屋なんだって考えることもできますね!