駅まで徒歩○分の謎

不動産広告を見ていると「桂駅 徒歩○分」や「バス停名 徒歩〇分」などの表記を必ず目にされると思います。

この「徒歩〇分」は物件の間取りや家賃などと同じく、物件を選定される上での大きな要素ですよね。

では「徒歩〇分」はどのようにして計測されているのでしょうか?

 

まず、実際に歩いて計るわけではありません。当然、車で計測しても歩く時間は分かりませんよね。

多くの不動産会社は、マップ上の距離から換算して時間を割り出す方法を利用しています。
 

「不動産の表示に関する公正競争規約」という不動産業界が設定したルールがあり、このルールの中に、徒歩による所要時間は、道路距離80メートルにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示すること…とあります。つまり、1分間で歩ける距離を80メートルとして、実際に駅から対象物件への距離を出し、その距離から80を割った数値が実際の所要時間ってことになります。徒歩10分と書いてあれば、800メートルが距離なんだって考えれば目安になりそうですよね。ちなみに850メートルとかって、80で割り切れない数値の際は余った数字を切り上げて11分と表示します。

距離を測る方法としては、精密な住宅地図上をマップメーター(下記)にて計測して距離を出す方法を使用している不動産会社が多いんじゃないでしょうか?他社さんはわかりませんが、当社ではこの方法です!

マップメーター①
マップメーター②

この方法だと、実際に歩いて通れる道のりの最短距離を使って距離を割り出していくので、ほとんど誤差はないと思います。

また最近では、Yahoo!JAPANさんが提供されている機能の中の「地図」も、スタート地点から目的地までを計測できて便利です。

 

ただ、どちらの場合も信号待ちとか、踏み切り待ち(開かずの踏み切りだったら大変…)は時間に含んでないので、良い物件が見つかれば、通勤通学時間帯を狙って、実際に歩いてみるのも失敗しないお部屋探しに繋がるかもしれませんね!

ただ実際のところ、この1分を80メートルで計算してなさそうな広告もチラホラ見かける訳で、なかには「これは直線距離なんじゃ?」って思うことも…
参考になったのかどうかは分かりませんが、お部屋探しされる際のご参考までに!